セラバンド・エクササイズの特徴

ここでは、セラバンド・エクササイズの特徴 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
セラバンド・エクササイズの特徴その4
「セラバンド」だけが持つ優れた特徴


1)細かくレベル分けされていているので選びやすい!
セラバンドは8つのレベルに分かれているので、運動経験の少ない方から若くてスポーツを行っている方まで、体力に合わせて最適なトレーニングを行なうことができます。

2)高品質で耐久性にも優れています!
巷のゴムバンド状商品の中には厚みが均一でなく、引っ張った際に弱い部分に負荷が集中して切れてしまうものが少なくありません。
セラバンドは品質が高く厚みが均一。全ての部分に同じ負荷がかかるため、耐久性に優れています。

3)衝撃が小さく、当たっても痛くありません!
市販のバンドの多くは合成ゴム製で、体や物に当たった時の衝撃が小さくありません。
セラバンドは天然ゴムでできているので、仮に自分の体や周囲の人に当たっても衝撃が小さく、痛くありません。

4)全国で販売されていて、手に入りやすい商品です!セラバンドは全国にある大小のスポーツ用品店だけでなく、百貨店やスーパードラッグストアなどで販売されています。

スポンサーサイト
セラバンド・エクササイズの特徴その3
手軽でラクなエクササイズができます!


1)楽な姿勢でエクササイズができます!
ダンベル、自体重エクササイズは重力に逆らう運動なので、重力に合わせて姿勢をつくる必要があり、例えば腹筋を鍛える場合、仰向けになる必要があります。この姿勢は重い頭を支えるために首に負担がかかりがちで、腰痛のある人とっては辛い姿勢です。
セラバンド・エクササイズは重力に左右されないので、楽な姿勢でエクササイズを行うことができます。腹筋をはじめ、大部分のエクササイズは座ったままの楽な姿勢で行うことができます。

2)軽量かつコンパクトなので、どこでもエクササイズができます!
エクササイズギアはかさ張って部屋のお荷物になりがちですが、セラバンドは小さく軽量なのでたたんで袋に入れておけば邪魔になりません
コンパクトかつ軽量なのでカバンに入れて持ち運び、家だけでなく会社、旅行先でも、場所を選ばずエクササイズができます。


セラバンド・エクササイズの特徴その2
安全性の高いエクササイズができます!


1)落下や転倒のリスクがありません
家庭用のエクササイズアイテムには色々ありますが、ダンベルは「足や顔などに落としてケガをする」というリスクがあります。またバランスボールでは「転んで床や壁に肩や頭を打つ」といったケースが少なくありません。
セラバンドは軽量で落ちるリスクがなく、また安定した姿勢でエクササイズができる安全性に優れたアイテムです。

2)関節や筋肉に優しい刺激です!
ダンベルや自体重エクササイズ(腕立て伏せなど)のように「重り」利用した筋力運動は運動の開始時の負荷が最も強くて、後半は勢いがつくので徐々に弱くなります。そのため負荷が強過ぎた場合、それに気づいても既に遅く、関節や筋肉に痛みを感じたり、怪我をしがちです。
セラバンド・エクササイズは運動開始時の負荷が最も軽く、徐々に強くなるので「辛い」と感じたら時点で動きを止めることができます。つまり、カラダに優しいエクササイズなのです。

セラバンド・エクササイズの特徴その1
より効果的なエクササイズができます!


1)全身のエクササイズができます!
ダンベルは手に持たないと運動ができないため、お腹周り下半身ではできない、あるいは実施しにくいエクササイズが多くあります。
しかし筋肉の大部分が集まる体幹部と下半身は基礎代謝の維持、アップに欠かせない部分です。セラバンドならば上半身はもちろん、全身のエクササイズができます。

2)負荷調節がカンタンにできます!
筋肉を効率よく刺激するには、適度な負荷を与えることが必要です。負荷が弱ければ効果が薄く、強過ぎればケガにつながります。
セラバンドは各自の体力に合わせた負荷調節がカンタンにできます。

3)各パートに適切な負荷をかけることができます!
脚の力を100とすると胸の力は60、肩の力は30、腕の力は15というように、それぞれの筋肉が発揮できる力は異なります。
セラバンドは負荷調節がカンタンにできるので、一本でもそれぞれのパートに適正な負荷をかけることができます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。