セラバンド・エクササイズ秘話

ここでは、セラバンド・エクササイズ秘話 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
セラバンド・エクササイズは難しい用語を使わず、分かりやすい表現になるよう工夫していますが、このような本作りは私自身の体験から生まれました。


昨年、自宅件事務所を移転するにあたり「銀行」「不動産会社」「リフォーム会社」などとやり取りをしました。
しかし、いずれの話を聞いていても、チンプンカンプン。先方の使う専門用語が覚えられないのです。引っかかるたびに一旦話を遮って聞き返すという作業の切り替えしの中、「この人たちには当たり前のことなんだけど、素人には難しいんだよな~」とつくづく思ったものです。

そこで「ハタ」と我に返る私。「じゃあ自分はどうなんだろう?」
運動をする人と同じ比重で指導者にも目を向けていましたし、また専門家からの「つっこみ」を心配して色々注釈をつけたり、難しい、回りくどい言い方になっていました。

この反省から生まれたのが今回のセラバンド・エクササイズです。研究畑の方、専門家の皆さんの方は全く向いていませんので、学問的には多少誤解のある言葉も使っていますが、とにかく読者に分かりやすくすることを第一に、割り切りました。
例えばダイエットは食事制限(食事療法)という意味ですが、世間一般で使われる「痩せるための手法」として使っていますし、正しくは消費エネルギーという表現も消費カロリーで通しています。

セラバンド・エクササイズは今まで書いた本の中で最も文章量、ページ数は少ないのですが、最も苦心をし、また最も時間をかけて作り上げた一冊です。
にほんブログ村 ダイエットブログへ
スポンサーサイト
セラバンド・エクササイズの書籍を出したいというのは、D&M商会様とのおつきあいを始めた15年頃前から漠然とあったのですが、その誕生のきっかけは突然でした。


仕事に向かうべく恵比寿を歩いていたところ、見覚えのある人が「ス~」と目の前を通っていくではないですか。田舎者(新潟県出身)の私が大都会で知り合いとすれ違うのは珍しいので、ためらいながら声をかけてみるとやはり、元ターザン編集部で今は講談社少年マガジンで編集をされているMさんでした。

お互い「お~」と驚きの声をあげ、しばし路上で歓談。私自身いつかスポーツコンディショニングもののマンガをつくりたいと思っていたのですが、Mさんも新たなスポーツマンガを求めていたことからお話が一致して盛り上がったのですが、お互い仕事があったために握手でお別れしました。

後日スポーツマンガの打ち合わせで講談社を訪れた際、同席された書籍部のYさんをご紹介され、「セラバンド・エクササイズ」のお話をしたところ興味を持って頂き、偶然の書籍誕生と相成りました!
スポーツマンガの方は?セラバンド・エクササイズが発売されて落ち着いたら、またMさんとお話を進めたいと思います。
にほんブログ村 ダイエットブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。