セラバンド・エクササイズ作成秘話2-書籍つくり

ここでは、セラバンド・エクササイズ作成秘話2-書籍つくり に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
セラバンド・エクササイズは難しい用語を使わず、分かりやすい表現になるよう工夫していますが、このような本作りは私自身の体験から生まれました。


昨年、自宅件事務所を移転するにあたり「銀行」「不動産会社」「リフォーム会社」などとやり取りをしました。
しかし、いずれの話を聞いていても、チンプンカンプン。先方の使う専門用語が覚えられないのです。引っかかるたびに一旦話を遮って聞き返すという作業の切り替えしの中、「この人たちには当たり前のことなんだけど、素人には難しいんだよな~」とつくづく思ったものです。

そこで「ハタ」と我に返る私。「じゃあ自分はどうなんだろう?」
運動をする人と同じ比重で指導者にも目を向けていましたし、また専門家からの「つっこみ」を心配して色々注釈をつけたり、難しい、回りくどい言い方になっていました。

この反省から生まれたのが今回のセラバンド・エクササイズです。研究畑の方、専門家の皆さんの方は全く向いていませんので、学問的には多少誤解のある言葉も使っていますが、とにかく読者に分かりやすくすることを第一に、割り切りました。
例えばダイエットは食事制限(食事療法)という意味ですが、世間一般で使われる「痩せるための手法」として使っていますし、正しくは消費エネルギーという表現も消費カロリーで通しています。

セラバンド・エクササイズは今まで書いた本の中で最も文章量、ページ数は少ないのですが、最も苦心をし、また最も時間をかけて作り上げた一冊です。
にほんブログ村 ダイエットブログへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
takaya様
そうですよね。
研究者は難しいことを難しく伝える人が多いですが、私たちの場合は「難しいことをいかにカンタンに伝えられるか」が課題であり、存在意義でもありますからね。
私もまだまだ日々精進です。

セラバンド・エクササイズ、プロの目でお気づきになったことがありましたらご指摘頂ければ幸いです。
坂詰拝
2007/07/21(土) 14:05 | URL | sakazume #-[ 編集]
坂詰さん、おつかれさまです(^^)。
なかなかクライアントの人にやってもらうのって難しいですよね。
「伝える」っていうスキルが必要ですよね。私のクライアントでも「うつ伏せ」「仰向け」といった言葉でも間違ってしまう人がいました。その時「自分も『伝える』っていうスキルはまだまだだなぁ」と反省しきりでした。
セラバンドエクササイズの本、楽しみにしていますね!(^^)
2007/07/21(土) 13:38 | URL | TAKAYA #PxrcZuTw[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://theraband.blog110.fc2.com/tb.php/24-289ab185
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。