ダイエットお役立ち情報-リバウンドしない5つのポイント

ここでは、ダイエットお役立ち情報-リバウンドしない5つのポイント に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回はリバウンドしにくいダイエットのポイントについてです!


前回はリバウンドについてでしたが、今回は「リバウンドしないためのポイント」についてお話したいと思います。

◇ポイント1・・・筋力運動を併用する 
 食事制限で起こる筋肉の分解を相殺するために、必ず筋力運動を併用します。この運動は全身バランスよく行わなければなりません。スポーツクラブに通えるならば、フリーウエイトよりもマシントレーニングの方が効果的です。 もちろんお家で運動するならば、セラバンドエクササイズをお勧めします!

◇ポイント2・・・極端な食事制限をしない 
 血糖値が下がれば下がるほど筋肉の分解は進みます。「断食」「食事抜き」「炭水化物抜き」「超低カロリー食品への置き換え」のように低血糖になる時間が長い極端な食事制限は健康面からもNGなんですね!
 「3食+補食(おやつ)」&「主食+主菜+副菜+汁物」という食事の基本が実はとっても大切です。

◇ポイント3・・・たんぱく質をしっかり摂る
 筋肉をなど体の細胞は水とたんぱく質でできています。なのでたんぱく質を摂らないと筋肉の分解が進みます。毎食「魚介類、肉類、大豆(製品)、乳(製品)、鶏卵」、高たんぱく食品を一品は必ず摂りましょう! 「高たんぱく質、高ビタミン、高ミネラル」&「低脂肪、低単純糖質」がダイエットの基本です。

◇ポイント4・・・ストレスを溜めない
 人は基本的に「辛い、キツイ」ことは避けようとします。「痛み」「苦しみ」は必ずストレスとなって反動を引き起こします。
 筋力運動は、やればやるほど、キツイほど良い訳ではありません。「もう少しできる」というところで十分なんです。 食事も我慢だけのダイエットは必ずストレスになります。食べ方、食品選びを工夫すれば、それほど辛くなくてもしっかりローカロリーな食事は可能です!

◇ポイント5・・・維持期を大切にする 
 これは誤解が多いのですが、食事制限も運動も目標達成後は、それほど大変な努力が必要な訳ではありません。例えば毎日お酒を飲んでいた方が週に1回に減らしていたなら、達成後は週に3回に戻して良いのです。筋力運動も週に1回~10日に1回のペースで十分筋肉は維持できます(しかも種目も少なくてOK)。
 変える時期の努力は大変でも、維持する努力はそれほどでもないのですが、ここで全く元の生活に戻らないように注意が必要です。
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://theraband.blog110.fc2.com/tb.php/41-31e50f9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。