カロリーオフな食べ方2:ラーメン

ここでは、カロリーオフな食べ方2:ラーメン に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



カロリーオフ第2回目は、これまた国民食の一つ「ラーメン」です。今は志村運送に出てくるような男っぽいラーメン屋さんは少なくなり、女性、カップル、家族連れが入りやすいキレイなお店が増えました。
 私も大好きなラーメンですが、ダイエットではNGアイテムになりがちです。おいしいラーメンを、ダイエットの味方にしましょう。
ラーメンが高カロリーなわけ
①麺:台湾料理などを食べに行くと、ラーメンの小ささ、面の小ささに驚きますが、逆に言うと、日本のラーメンは大きく、麺がタップリですよね。
 ご飯一杯で160~160kcalなのに対して、具のないラーメンでも400kcal程度になります。
②スープ:もともとスープには味を良くする意味だけでなく、スープを冷めにくくするために油脂が多く含まれています。同じ麺類でも、そばやうどんに比べてカロリーが高くなるのはこのためです。
 特に、ここ10年来人気のこってりラーメンは油脂がタップリ。飲み残した冷めたスープを見ると、上澄みに浮く油脂に量に驚きます。
③おかず:ラーメン屋さんの典型的な食べ合わせは「ラーメン+チャーハン」「ラーメン+ギョウザ」。チャーハンもギョウザも高炭水化物食。「ラーメン+チャーハン+ギョウザ」ともなれば、なんと1500kcalにもなります!!

◇ラーメンのカロリーを抑えるために
①まずは麺の量を少なめに。あるいはお子様用のラーメンを頼みます。どちらもできない場合は、止むを得ません。麺を1/3~1/2残します。
②最も良いのは、油脂が少ないものを選ぶこと。東北系のラーメンは、あっさりしたスープが多いですね。醤油、塩はミソよりカロリーが低いです。
 こってり系の場合は「油(脂)少なめ」または「油(脂)抜き」でオーダーします。どちらもできない場合は、上澄みのスープをすくい取ってしまいましょう。それも難しい場合は、スープは少し味合う程度にしておきます。
③具、おかずの選択:具には「もやし、ホウレン草、キャベツ、メンマ、ネギ、キムチ、のり、わかめ、きくらげ」などの野菜、海藻系の具をタップリ入れ、ボリュームを出すと共に栄養バランスを良くします(別皿にのせてもらって少しずつ入れながら食べると食べやすいです)。「バター、コーン」はNGです。
 「チャーシュー」を入れる事で、ダイエットで大切なたんぱく質を増やすことができます。「たまご」も一つ入れたいですが、黄身は半分残しましょう。

◇お勧め代替食、アジアンヌードル
 私が麺好きな皆さんにお勧めしたいのはアジアンヌードル。特にベトナムの「フォー」はいいですね。あっさりスープで麺も少なめ。具にはお肉と野菜がタップリ。単品でもローカロリーでバランスよい食事ができます。
 生春巻きも、同じボリュームならギョウザや春巻きに比べてずっと低カロリー。お家でつくる場合は、春雨を糸コンニャクに替えれば、更に半分以下のカロリーになりますヨ!満腹感もありお勧めです。
 私がオアフに行くと必ず(2~3日に1回)訪れる、インターナショナルマーケットプレース内のベトナム料理店があるのですが、安くておいしくて超お勧めです(人気店なのでご存知の方も多いかと思います)
 写真右は私がよくオーダーするフォーガー。お肉タップリ、写真では小さいですが、奥にタップリの野菜とパクチーが見えますね。
 写真左は妻のお気に入りの、BBQポークwithライスヌードル。こちらも麺の下にレタスなどの野菜が敷かれていて、バランスを整えています。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://theraband.blog110.fc2.com/tb.php/76-2095121b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。