カロリーオフな食べ方(&飲み方)4:お酒

ここでは、カロリーオフな食べ方(&飲み方)4:お酒 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 カロリーオフな食べ方の4回目はお酒アルコールです(食べ方&飲み方ですけど)。 「アルコールはエンプティーカロリーなので太らない!」というのは全くの誤解。経験的にも知られているように、アルコールを飲むと、やはり体脂肪はつきやすいのです。 
 百薬の長とも呼ばれるアルコールを上手に摂る方法をご紹介します。

アルコールを飲むと太りやすい理由
1)アルコールの持つカロリー・・・アルコールの全てを体が吸収するわけではありませんが、それ自体はちゃんと熱量を持っていて1g=7kcalと、糖質より多いのです。
2)量が多くなる・・・水は1リット飲めなくてもビールなら難しくないように、量を多く摂ってしまうことも問題です。これはアルコールには利尿作用があること、心身を興奮させて発汗を促すために、体から飲んでも飲んでも水分が抜けていくことが大きな理由です。
3)食欲を高める・・・食前酒というものがあるように、アルコールには「食欲増進作用」があるので食事量が増えやすくなります。理性を失わせ、暴飲暴食を誘発もします。
4)おつまみ・・・お店で飲む場合は特にそうなのですが、お酒の量を増やすために、つまみは油脂や砂糖を多く使った高カロリーなものが多くなります。
5)吸収の速さ・・・アルコールは単純糖質と同じく吸収が速いので、摂ったカロリーがすぐに脂肪に変わりやすいのです。
6)低血糖・・・アルコールを飲むと急激に血糖値が上昇し、その後急激に下がるので、すぐにお腹が空いてしまい、お茶漬けやラーメンなどが食べたくなってしまうのです。

◇アルコールの上手な摂り方
1)順番・・・アルコールの急激な吸収を防ぐために、先に食事をしてから飲むこと。これが難しい場合は最初の一杯を飲んだ後に食事をして、後で飲む。少なくとも食事をしながら飲むことをこころがけます。
2)つまみ・・・全体で一つの食事となるように構成します。例えば「焼きおにぎり、ホッケ、みそ汁、焼きナス、冷やしトマト、もずく酢」といった具合に。揚げ物やソーセージ、魚の肝、チーズなど、カロリーの高いおつまみは避ける。
3)お水・・・お酒を飲む前、あるいは一緒に水を飲むと、お酒を飲みたいという欲求が抑えられます。
4)水割り、チューハイなどは、薄く作る。お店で飲む場合は、あらかじめお店の人に伝えておく。

◇私はとある理由があって、26才のときにお酒を飲むのをやめました(酒癖が悪いとか問題を起こしたとゆうこではないですけど・笑)。それまでは結構な頻度と量でアルコールを飲んでいましたが、今の方がずっと心身のコンディションはよいですね。
 タバコの方がお酒よりも悪いと言われています。確かにタバコはゆるやかに自分自身や周囲の人の健康を蝕んでいきます。 しかし、アルコールには自分の一生を棒に振ってしまったり、人の命を一瞬で奪ってしまうような恐ろしさがあります。
 アルコールを上手に飲んで、ストレスを和らげつつも、体脂肪をつけないようにしましょう!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://theraband.blog110.fc2.com/tb.php/88-58ef75da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。